開催中の展覧会

現在、以下の展覧会・美術展が開催中です。各展覧会のサムネールをクリック/タップすることで、展示内容、スケジュールや開催されている美術館の詳細をご覧いただけます。

  • William Morris - Brain Trust Inc.
    ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ

    17世紀にはじまる自然や街の風景のみを描いた「風景画」において、 印象派はひとつの頂点に達しました。その素地をととのえたのは、各地の風景を訪ねて廻ったカミーユ・コローや自然の姿に魅了されたバルビゾン派の画家、彼らに影響を受け、さらにクロード・モネを屋外制作へ導いたことで知られるウジェーヌ・ブーダンたちでした。

    本展では、ランス美術館所蔵のコロー、ブーダン、モネ、カミーユ・ピサロ、 ピエール=オーギュスト・ルノワールらの作品から、近代フランスにおける「風景画」の確立について考察します。

    [ もっと詳しく ]

  • Kew - Brain Trust Inc.
    キューガーデン 英国王室が愛した花々
    シャーロット王妃とボタニカルアート

    「キューガーデン」の名で親しまれ、ユネスコ世界遺産にも登録されている英国キュー王立植物園。世界の植物学研究をリードし続け、20万点以上の植物画コレクションを収蔵していることでも知られています。同園は18世紀から19世紀初頭、ジョージ3世とシャーロット王妃の時代にその規模を飛躍的に拡げ、整備が進みました。

    本展では、キュー王立植物園が所蔵する貴重な植物画コレクションを中心に、その歴史を辿ります。また、シャーロット王妃に見出された英国王室御用達ウェッジウッド社の「クイーンズウェア」も併せて展観し、世界に先駆け近代化の道を進んだ英国の一面をご紹介します。

    [ もっと詳しく ]

  • Denamark Design
    デンマーク・デザイン

    本展は、デンマーク近代デザインの黄金期ともいうべきミッドセンチュリーを中心に19世紀から現代に至るまでのデザインの歴史を辿るとともに、デンマークのみならず、世界中で世代を超えて愛され続けるデンマーク・デザインの魅力の数々をご紹介します。

    [ もっと詳しく ]
  • Denamark Design
    ウィリアム・モリス
    英国の風景とともにめぐるデザインの軌跡

    ウィリアム・モリス(1834-1896)は19世紀のイギリスを代表する芸術家の一人として知られており、とりわけ彼が手掛けたデザインの数々は今なお世界中で愛され続けています。

    本展では、アーツ・アンド・クラフツ運動の先駆者であり、「モダン・デザインの父」と称されるモリスの創作の遍歴を、英国の風景とともに、時代を追って紐解きます。作品と現存する風景を照らし合わせながら、モリスのデザインをめぐる旅へ出かけましょう。

    [ もっと詳しく ]

株式会社ブレーントラスト

〒108-0072
東京都港区白金4-7-19
infoatbraintrust